体質のことを考慮|名医探しで失敗しない!フェイスリフトの施術は実績を重視する

体質のことを考慮

医者

名医とじっくり相談

別ページで、フェイスリフトの種類について紹介しました。大きく部類して、外科的な方法と薬剤を使用した内科的な方法の2通りが存在します。どちらとも共通して言えるのが、たるみやしわを除去してたるみやしわの症状を改善させる効果が期待できるところです。しかし、どちらか1つを選んで治療を受けたとしても、体質的に合わない治療法だとしたら、たるみやしわの症状が再び現れてしまう可能性があります。治療を受ける前に、名医とどんな治療法が適切なのかをじっくりと相談した方がいいでしょう。

体に負担がかかりにくい

できるだけ、治療の痕が目立たないタイプの方法が良いと感じたら、注射治療や特殊な医療器具を使った治療法を実践するのがおすすめです。注射治療や医療器具の治療法は、施術で生じる痕が最小限に抑えられるので、他の人からの目線が気になりにくいです。体にかかる負担も比較的少ないので、日帰りで名医の治療を受けられるのは確かといえるでしょう。

即効性と持続性

即効性に優れた方が良いと感じたら、外科的な治療法を選ぶのが最適です。フェイスリフトで切開する範囲は広めですが、糸によって皮膚を引っ張り続けてくれるので、すぐにたるみやしわが目立ちにくくなります。また、糸が皮膚内に入り込んでいる状態なので、長い期間たるみやしわの症状が出にくくなります。ただし、治療後は体質的に血腫が生じてしまう場合があるので、利用するなら経験豊富な名医に依頼するのが望ましいです。