日帰りで利用できる|名医探しで失敗しない!フェイスリフトの施術は実績を重視する

日帰りで利用できる

レディー

名医の治療と同等の効果

フェイスリフトの治療は、外科的な治療方法だけでなく、気になる箇所へ薬剤を直接注入する治療方法も存在します。切開しての治療同様に、たるみやしわを効果的に取り除けるのは確かといえるでしょう。注入型の治療で頻繁に使用されるのは、ヒアルロン酸やボツリヌストキシンです。ヒアルロン酸は、体内で自己生成できる成分なので、注入後はすぐに肌へ浸透してくれるのと、体に何かしらの害を与えるリスクが少なめです。肌に潤いとプルプル感をもたらしてくれるので、たるみやしわを除去して若々しさが戻ってきます。もう一つのボツリヌストキシンは筋肉の動きを弱める効果がある薬剤をたるみやしわの部分に注入します。ボツリヌストキシンは、タンパク質の一種ですが、神経と筋肉の接合部分に作用してしわやたるみを抑制してくれます。注射治療で使用される薬剤のほとんどは、名医による治療と同等の効果が得られるのは確かです。

痕が残りにくい

フェイスリフトにおける注入系治療で共通して言えるのは、施術痕が残りにくいところです。切開治療とは異なり、注射針を特定の患部に刺して注入するだけなので、傷跡が残りにくくなります。治療痕がどうしても気になるなら、注入系のフェイスリフト治療を利用するのが望ましいです。それに、注射でのフェイスリフト治療法は麻酔の注入する手間が省けるので、体に負担をかける心配がなければ、入院をする必要もありません。名医の手による治療を手軽に受けられるのは間違いないといえるでしょう。名医の治療と同じ効果が得られる注入系のフェイスリフトで、若々しさを取り戻しませんか。